コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霓裳羽衣 ゲイショウウイ

デジタル大辞泉の解説

げいしょう‐うい〔ゲイシヤウ‐〕【××裳羽衣】

虹のように美しい裳(も)と羽衣(はごろも)。天人や仙女などの着る衣。
唐の玄宗が、夢の中で見た天上の月宮殿での天人の舞楽にならって作ったと伝えられる楽曲。霓裳羽衣の曲。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げいしょううい【霓裳羽衣】

〔「羽衣」は、はごろも〕 天人などの美しい衣。
唐の玄宗皇帝が月宮殿で聞いた曲を写したという舞曲。 「楊貴妃に-の舞をまはせて/太平記 37

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone