コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露宿 ロシュク

デジタル大辞泉の解説

ろ‐しゅく【露宿】

[名](スル)屋外に宿ること。野宿。
「広場の隅に、…―の支度が出来ていた」〈里見弴・安城家の兄弟〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろしゅく【露宿】

( 名 ) スル
屋外に寝ること。野宿。 「山中に-する方法/日本風景論 重昂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の露宿の言及

【野宿】より

…野山などの屋外に泊まること。露宿とも言い,宿泊形態としてはもっとも原初的なものである。日本における旅宿の発生は古代末期もしくは中世初期ころと言われるが,全国的に施設が整備されるのは近世になってからである。…

※「露宿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

露宿の関連キーワード三・傘・参・參・山・惨・慘・撒・散・杉・桟・棧・燦・産・盞・算・纂・蚕・讃・賛・贊・酸・霰・餐祝・叔・夙・宿・淑・祝・粛・縮・肅濾・炉・爐・賂・路・露・髏・魯日本風景論樹下石上旅館野宿宿

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android