方略(読み)ホウリャク

デジタル大辞泉の解説

ほう‐りゃく〔ハウ‐〕【方略】

はかりごと。計略。また、手だて。
古代の官吏登用試験の科目。律令制では秀才科の試験科目とされ、平安時代以後は、紀伝道の最終試験。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうりゃく【方略】

計略。はかりごと。
〔「方略策」の略〕 律令制で、官吏登用試験の秀才科に出題された問題。哲学概論・一般文化論にあたる最高度の国家試験で、二題出され漢文で解答を書く。 → 対策

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐りゃく ハウ‥【方略】

〘名〙
① はかりごと。てだて。方策。計略
※廬山寺文書‐天祿三年(972)五月三日・天台座主良源遺告「又従中宮賜作料米百斛許、此外材木及作料私廻方略勤仕」
※史記抄(1477)九「云ことに方略なる事が多ぞ」 〔史記‐封禅書〕
② 令制の官人登用試験制度で、最高の資格を得るための科目。人生・社会の諸問題からの出題二問に漢文で答えるもの。令制では秀才科の試験科目とされ、平安時代以降は紀伝道の最終試験として、文章得業生(もんじょうとくごうしょう)または方略の宣旨を受けた者に受験が認められた。
※令集解(701)考課「方略。謂无端大事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方略の関連情報