露顕・所顕・伉儷(読み)ところあらわし

精選版 日本国語大辞典「露顕・所顕・伉儷」の解説

ところ‐あらわし ‥あらはし【露顕・所顕・伉儷】

〘名〙 平安時代の結婚を披露する儀式。男が女の所に通いはじめてから三日目の夜に、女の方でをつくって男女が食べ、その時または一日二日の後に、女の家で婿とその従者とを供応し、はじめてと婿が対面して互いに酒を酌みかわした。
※落窪(10C後)二「おいらかに始めよりかうかうしたりといはましかば、忍びてもあらましを、所あらはしをさへして、かくののしりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android