コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露鵬幸生 ろほう ゆきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

露鵬幸生 ろほう-ゆきお

1980- 平成時代の力士。
1980年3月9日生まれ。少年時代はレスリング選手。平成14年大鵬部屋(現・大嶽部屋)に22歳で入門し,同年5月初土俵。16年1月新十両,同年9月新入幕の場所で10勝をあげて敢闘賞を受賞。18年3月新三役小結となる。取材中のカメラマンに暴行をくわえて同年7月場所で3日間の出場停止処分をうけた。弟は北の湖部屋の白露山で史上初の外国出身兄弟同時関取となった。しかし20年白露山とともにドーピング検査で大麻吸引の陽性反応がでて解雇となる。ロシア,ウラジカフカス出身。本名はボラーゾフ・ソスラン・フェーリクソビッチ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

露鵬幸生の関連キーワード黒人問題印僑醸造業RCA情報化社会平山郁夫ウェンツェルアフリカン・アメリカン音楽工業薬品工業高齢者事業団

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android