コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青いノート あおいノートSinyaya tetrad'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青いノート
あおいノート
Sinyaya tetrad'

ソ連の作家 E.カザケービッチの遺作となった中編小説。 1961年発表。レーニンジノビエフ,ジェルジンスキーらロシア革命の指導者たちを主人公とする政治小説。「青いノート」とは,レーニンの手にある,国家論に関するマルクスとエンゲルスの発言の抜粋を書込んだノートのことである。ケレンスキー臨時政府が設立され,ボルシェビキ党は再び地下にもぐらざるをえなかった 17年の夏,レーニンが身をひそめたペテルブルグ近郊の隠れ家を舞台に,十月革命前夜の党指導者たちの群像を,あくまでも内面から人間的にとらえようとした新しい試みが注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

青いノートの関連キーワードレフ クリジャーノフ乾 信一郎乾信一郎

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android