コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青いノート あおいノートSinyaya tetrad'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青いノート
あおいノート
Sinyaya tetrad'

ソ連の作家 E.カザケービッチの遺作となった中編小説。 1961年発表。レーニンジノビエフジェルジンスキーロシア革命の指導者たちを主人公とする政治小説。「青いノート」とは,レーニンの手にある,国家論に関するマルクスエンゲルスの発言の抜粋を書込んだノートのことである。ケレンスキー臨時政府が設立され,ボルシェビキ党は再び地下にもぐらざるをえなかった 17年の夏,レーニンが身をひそめたペテルブルグ近郊の隠れ家を舞台に,十月革命前夜の党指導者たちの群像を,あくまでも内面から人間的にとらえようとした新しい試みが注目される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青いノートの関連情報