コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青地兼山 あおち けんざん

1件 の用語解説(青地兼山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青地兼山 あおち-けんざん

1672-1729* 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文12年2月2日生まれ。青地礼幹の兄。羽黒養潜,室鳩巣(むろ-きゅうそう)にまなぶ。加賀金沢藩につかえ算用場奉行,定番頭などをつとめた。享保(きょうほう)13年12月25日死去。57歳。名は斉賢。字(あざな)は伯孜。通称は蔵人。別号に譲水。著作に「御定書考索」「仁説」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の青地兼山の言及

【兼山秘策】より

…金沢の儒者青地兼山,麗沢兄弟がその師室鳩巣から寄せられた書簡を編んだもので《兼山麗沢秘策》として世上に流布した。1711‐31年(正徳1‐享保16)の書簡を収める。…

※「青地兼山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

青地兼山の関連キーワードオランダ戦争龍野城小松基地騒音公害訴訟青森大の中国人による偽装留学問題エカチェリーナ小野蘭山軍機処経済録大山天一坊

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone