コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青地兼山 あおち けんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青地兼山 あおち-けんざん

1672-1729* 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文12年2月2日生まれ。青地礼幹の兄。羽黒養潜,室鳩巣(むろ-きゅうそう)にまなぶ。加賀金沢藩につかえ算用場奉行,定番頭などをつとめた。享保(きょうほう)13年12月25日死去。57歳。名は斉賢。字(あざな)は伯孜。通称は蔵人。別号に譲水。著作に「御定書考索」「仁説」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の青地兼山の言及

【兼山秘策】より

…金沢の儒者青地兼山,麗沢兄弟がその師室鳩巣から寄せられた書簡を編んだもので《兼山麗沢秘策》として世上に流布した。1711‐31年(正徳1‐享保16)の書簡を収める。…

※「青地兼山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青地兼山の関連キーワード兼山秘策新井白石青地斉賢

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android