コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青地兼山 あおち けんざん

1件 の用語解説(青地兼山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青地兼山 あおち-けんざん

1672-1729* 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文12年2月2日生まれ。青地礼幹の兄。羽黒養潜,室鳩巣(むろ-きゅうそう)にまなぶ。加賀金沢藩につかえ算用場奉行,定番頭などをつとめた。享保(きょうほう)13年12月25日死去。57歳。名は斉賢。字(あざな)は伯孜。通称は蔵人。別号に譲水。著作に「御定書考索」「仁説」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の青地兼山の言及

【兼山秘策】より

…金沢の儒者青地兼山,麗沢兄弟がその師室鳩巣から寄せられた書簡を編んだもので《兼山麗沢秘策》として世上に流布した。1711‐31年(正徳1‐享保16)の書簡を収める。…

※「青地兼山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青地兼山の関連キーワード六条有藤青木重矩大町敦素桐淵貞山千田玄智辻荻子貞佐(1)藤村芳隆松永尺山友我

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone