コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山宗俊 あおやま むねとし

2件 の用語解説(青山宗俊の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

青山宗俊

江戸前期の大名。信濃小諸・遠江浜松藩主。江戸生。青山忠俊の長男。幼名は伊勢千代・藤九郎。初め相模に住し、将軍徳川家光の上洛に従い書院番頭となり武蔵・相模に領地を与えられた。のち大番頭に転じ信濃に加増され小諸藩主となり開拓殖産に努めた。大坂城代も勤め、辞してのちは浜松を領した。延宝7年(1679)歿、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山宗俊 あおやま-むねとし

1604-1679 江戸時代前期の大名。
慶長9年11月6日生まれ。青山忠俊の長男。父が徳川家光の勘気にふれ,ともに蟄居(ちっきょ)したが,のちゆるされ書院番頭(ばんがしら),大番頭となる。正保(しょうほ)5年信濃(しなの)(長野県)小諸(こもろ)藩主。のち大坂城代をつとめ,延宝6年遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松藩5万石の藩主青山家初代となる。延宝7年2月15日死去。76歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の青山宗俊の言及

【大坂城代】より

…この地位の重要性により,最高15万石,最低は仮役の場合であるが2万石,だいたいにおいて5万~11万石の譜代大名が任命された。任期は不定で,寛永・正保期の阿部正次(21年),寛文・延宝期の青山宗俊(16年),元禄~正徳期の土岐頼隆(21年)が長期間であるが,1年未満もあり,数年で動く例が多かった。承応~万治期には水野忠職,内藤忠興,松平光重の3名が,3年ついで1年で交代し勤務していたこともあった。…

※「青山宗俊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青山宗俊の関連キーワード安部信之(1)池田恒行上杉定勝木下利貞桑山貞晴(1)酒井忠胤相馬貞胤立花種次戸川安風細川興昌

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone