コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山宗俊 あおやま むねとし

美術人名辞典の解説

青山宗俊

江戸前期の大名。信濃小諸・遠江浜松藩主。江戸生。青山忠俊の長男。幼名は伊勢千代・藤九郎。初め相模に住し、将軍徳川家光上洛に従い書院番頭となり武蔵・相模に領地を与えられた。のち大番頭に転じ信濃に加増され小諸藩主となり開拓殖産に努めた。大坂城代も勤め、辞してのちは浜松を領した。延宝7年(1679)歿、76才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山宗俊 あおやま-むねとし

1604-1679 江戸時代前期の大名。
慶長9年11月6日生まれ。青山忠俊の長男。父が徳川家光の勘気にふれ,ともに蟄居(ちっきょ)したが,のちゆるされ書院番頭(ばんがしら),大番頭となる。正保(しょうほ)5年信濃(しなの)(長野県)小諸(こもろ)藩主。のち大坂城代をつとめ,延宝6年遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松藩5万石の藩主青山家初代となる。延宝7年2月15日死去。76歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

青山宗俊 (あおやまむねとし)

生年月日:1604年11月6日
江戸時代前期の大名
1679年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の青山宗俊の言及

【大坂城代】より

…この地位の重要性により,最高15万石,最低は仮役の場合であるが2万石,だいたいにおいて5万~11万石の譜代大名が任命された。任期は不定で,寛永・正保期の阿部正次(21年),寛文・延宝期の青山宗俊(16年),元禄~正徳期の土岐頼隆(21年)が長期間であるが,1年未満もあり,数年で動く例が多かった。承応~万治期には水野忠職,内藤忠興,松平光重の3名が,3年ついで1年で交代し勤務していたこともあった。…

※「青山宗俊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青山宗俊の関連キーワード石井宇右衛門助広(2代)青山忠重生年月日青山忠雄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android