コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山忠良 あおやま ただなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山忠良 あおやま-ただなが

1807-1864 江戸時代後期の大名。
文化4年4月10日生まれ。青山忠裕(ただやす)の5男。兄たちが夭逝(ようせい)し,天保(てんぽう)6年丹波篠山(ささやま)藩(兵庫県)藩主青山家5代となる。奏者番,寺社奉行,大坂城代をへて弘化(こうか)元年老中。のち京都火消役,京都守護をつとめた。砲術に長じ,御流儀砲術という流派をたてた。元治(げんじ)元年11月5日死去。58歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

青山忠良の関連キーワードデービー(Sir Humphry Davy)元治エンゲルスワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)レザノフブラウンレザノフ並木五瓶(初代)レザーノフスティロライト

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone