コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木はるみ あおき はるみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木はるみ あおき-はるみ

1933- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和8年8月4日生まれ。小野十三郎(とおざぶろう)に師事。一主婦の立場から高度成長期の社会に眼をむけた詩をつくり,昭和57年「鯨のアタマが立っていた」でH氏賞。奈良市にすみ,民俗芸能や祭りを題材にした詩集「大和路のまつり」もある。「歴程」「たうろす」同人。兵庫県出身。西宮高卒。本名は春美。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

青木はるみの関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ伊藤大輔山中貞雄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android