コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木徳峰 あおき とくほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木徳峰 あおき-とくほう

1700-1769 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)13年生まれ。生家は近江(おうみ)(滋賀県)の商家で,京都でまなぶ。詩文に精通し,和歌をこのみ,風月を友とし芝翁とよばれた。明和6年8月13日死去。70歳。名は喜。字(あざな)は宇角。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

青木徳峰の関連キーワード元禄儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android