コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木竜峰 あおき りゅうほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木竜峰 あおき-りゅうほう

1830-1909 幕末-明治時代の武士,書家。
天保(てんぽう)元年生まれ。越前(えちぜん)福井藩士。正木竜珉に書,下曾根(しもそね)金三郎高島流砲術をまなぶ。諸書体に精通し,ことに大篆(だいてん)にすぐれ,明治2年福井藩の書師となる。のち東京に出,文部省などにつとめた。明治42年9月13日死去。80歳。名は修。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

青木竜峰の関連キーワード牧野省三奴隷制廃止運動[各個指定]工芸技術部門民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールフランス史(年表)富本節伊藤博文

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android