青木良悌(読み)あおき りょうてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木良悌 あおき-りょうてい

1844-1904 明治時代の医師。
弘化(こうか)元年生まれ。肥前彼杵(そのぎ)郡江ノ島(長崎県崎戸町)の人。大村藩医北野道春にまなんだのち,西洋医学も習得。故郷にかえり医療活動につとめるとともに,西洋綿(良悌綿)の普及,灌漑工事,農作物品種改良など離島振興につくした。明治37年11月14日死去。61歳。本姓松崎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android