青木魔子(読み)あおき まこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木魔子 あおき-まこ

1917-1968 大正-昭和時代,大杉栄の長女。
大正6年9月生まれ。母は伊藤野枝(のえ)。大正12年関東大震災の混乱のなかで両親が甘粕(あまかす)正彦に殺害されたため,博多の母方の親戚でそだてられる。昭和11年九州日報社にはいり結婚したが,離別。26年博多の人形師青木比露志(ひろし)と再婚した。昭和43年9月28日死去。51歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android