コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青柳文蔵 あおやぎ ぶんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青柳文蔵 あおやぎ-ぶんぞう

1761-1839 江戸時代後期の商人。
宝暦11年生まれ。江戸で井上金峨(きんが)に儒学をまなぶ。貿易でえた資金で書籍2万巻をあつめ,仙台藩に寄贈した。藩は青柳文庫と名づけ,一般に公開。戊辰(ぼしん)戦争後,書籍のおおくは散逸した。天保(てんぽう)10年3月14日死去。79歳。陸奥(むつ)磐井(いわい)郡(岩手県)出身。名は茂明。号は東里,近水楼主人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の青柳文蔵の言及

【図書館】より

…後者には江戸の長門屋,名古屋の大惣などが知られており,いわば今日の公共図書館と学術図書館を兼ねるだけの蔵書をもっていた。なお民間の文庫としては,2世板坂卜斎の浅草文庫,仙台藩士青柳文蔵の青柳文庫などが名高い。
[近代以降]
 福沢諭吉は《西洋事情》で,西洋諸国の図書館,すなわち彼の表現によれば〈ビブリオテーキ〉の存在を紹介し,これが万人の利用に供されているさまに感服した。…

※「青柳文蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青柳文蔵の関連キーワード青柳館文庫

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android