静脈認証システム(読み)じょうみゃくにんしょうしすてむ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静脈認証システム
じょうみゃくにんしょうしすてむ

個人ごとに異なったパターンをもつ、体の表面近くを流れる静脈の特性を活用した生体情報(バイオメトリクス)認証システム。日本企業が開発と実用化で先行しており、1990年代から日立製作所が指1本、富士通が手のひらを使用したシステムを開発している。静脈パターンは加齢に伴う変化がほとんどないため、一度情報を登録しておけばエラーなく長年にわたって使用できる。また、たとえ切断した手のひらや指を用いたとしても、血流がなければ認証できないなど、複製リスクも少ない。こうした安全性の高さが、欧米で普及している指紋や筆跡などによる認証システムとは異なる特性である。不便な点としてはケガをしている場合、手袋をしている場合、手に荷物を持っている場合などにすばやく認証できないことがあげられる。現在、機密性の高い施設への入退室管理、銀行ATMの個人認証などに使われている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静脈認証システムの関連情報