コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静覚入道親王 じょうかくにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(静覚入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

静覚入道親王 じょうかくにゅうどうしんのう

1442-1503 室町-戦国時代,邦康親王の王子。
嘉吉(かきつ)2年生まれ。後花園上皇の猶子。享徳2年親王となり,出家して真言宗仁和(にんな)寺にはいる。長禄(ちょうろく)元年同寺真光院の禅信から灌頂(かんじょう)をうける。のち同寺門跡(もんぜき)。後光台院御室(おむろ)とよばれた。文亀(ぶんき)3年7月15日死去。62歳。俗名は師煕。法名ははじめ法深。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

静覚入道親王の関連キーワード足利義勝細川持之足利義勝ブロアユリウス[2世]請求権・経済協力協定板取川崇禅寺畠山政長本泉寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone