静覚入道親王(読み)じょうかくにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

静覚入道親王 じょうかくにゅうどうしんのう

1442-1503 室町-戦国時代,邦康親王の王子。
嘉吉(かきつ)2年生まれ。後花園上皇の猶子。享徳2年親王となり,出家して真言宗仁和(にんな)寺にはいる。長禄(ちょうろく)元年同寺真光院の禅信から灌頂(かんじょう)をうける。のち同寺門跡(もんぜき)。後光台院御室(おむろ)とよばれた。文亀(ぶんき)3年7月15日死去。62歳。俗名は師煕。法名ははじめ法深。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android