コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非分 ヒブン

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ぶん【非分】

[名・形動ナリ]
分不相応なこと。また、そのさま。過分。
「この大納言―の大将を祈り申されければにや」〈平家・一〉
道理にはずれたこと。また、そのさま。非理。
「嫉妬の故に…―に命をなん失ひてけり」〈今昔・二七・二一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひぶん【非分】

( 名 ・形動ナリ )
自分の分を越えていること。身分不相応。過分。 「賊類-の望みを謗そしる/将門記」
道理に合わないさま。非理。 「王に向ひて各-に命を奪はれたる由を申し合ひたり/今昔 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

非分の関連キーワード卑・碑・匪・卑・否・妃・婢・庇・彼・悲・扉・批・披・比・泌・疲・皮・碑・祕・秘・罷・肥・脾・臂・被・誹・譬・費・避・鄙・非・飛セミョーノフ(Nikolay Nikolaevich Semyonov)太政大臣(だいじょうだいじん)ファンデルワールス力ポーラログラフィー新株予約権付社債新株引受権付社債アンギュラ玉軸受新株予約権証券蜂須賀農場争議分子スペクトルSe式血液型赤外線分光器ピューリタン田中広虫女電流滴定法新株予約権下垂体腺腫ワラント債太政大臣

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android