コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非金融無形資産 ひきんゆうむけいしさんnonfinancial intangible assets

1件 の用語解説(非金融無形資産の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非金融無形資産
ひきんゆうむけいしさん
nonfinancial intangible assets

国民経済計算上の用語で,負債と対になっていない無形資産のこと。特許権,著作権,商標権,土地・建物の賃借権,鉱区・漁場・森林などを利用する排他的な権利および利用権などがある。新国民経済計算体系 (新 SNA) では,これら無形資産が購入または売却された場合に限り資産取引および資産残高に計上され,それらが創出された時点で計上されるわけではない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の非金融無形資産の言及

【国富】より

…ただし,(5)の歴史的記念物は,売却もしくは購入されたもののみが記録の対象となるのであり,歴史的記念物そのものがすべて評価の対象となるのではない。無形資産は金融資産と非金融無形資産に分類されるが,非金融無形資産には特許権,商標権および著作権のみが含まれ,土地・建物等の貸借権,採掘権,漁業権は除かれる。除かれたこれらの項目は,対応する〈再生産不可能な有形資産〉項目に含まれている。…

※「非金融無形資産」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone