靡立(読み)なびきたつ

精選版 日本国語大辞典の解説

なびき‐た・つ【靡立】

〘自タ四〙
① まっすぐに立たないで、ある方向に引かれるように傾いて立つ。
※夜の寝覚(1045‐68頃)一「いみじからんなにの岩木もなびきたちぬべきに」
② 威力や周囲の状況などに引かれてそれに従おうとするさまになる。
※太平記(14C後)二五「渡辺を差て引けるが、大勢の靡(ナビキ)立たる習にて、一度も更に返し得ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android