コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩木 いわき

5件 の用語解説(岩木の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩木
いわき

青森県南西部,弘前市西部の旧町域。岩木山南東麓に広がる。 1955年岩木村,大浦村,駒越村が合体し,1961年町制。 2006年弘前市,相馬村と合体して弘前市となる。岩木山の山麓には,公園や青少年スポーツセンターなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いわ‐き〔いは‐〕【岩木/石木】

岩石と樹木。
感情を持たないもののたとえ。木石(ぼくせき)。
「だれが―だと思うもんか」〈逍遥当世書生気質
亜炭の古称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩木
いわき

青森県南西部、中津軽郡にあった旧町名(岩木町(まち))。現在は弘前(ひろさき)市の北西部を占める地域。中央にそびえる岩木山の裾野(すその)と平野からなる。1961年(昭和36)町制施行。2006年(平成18)弘前市に合併。1502年(文亀2)大浦光信(みつのぶ)が賀田(よしだ)に大浦城を築城してから大浦氏(後の津軽氏)の所領として開拓された。岩木山南麓(なんろく)に奥の日光と称される岩木山神社があり、津軽藩主によって造営された社殿などは国指定重要文化財。米とリンゴを産し、嶽(だけ)、湯段(ゆだん)、百沢(ひゃくざわ)などの温泉がある。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩木の関連キーワード弘前青森県弘前市田町青森県弘前市土手町青森県弘前市西ケ丘町青森県弘前市西茂森青森県弘前市西城北青森県弘前市西大工町青森県弘前市百沢青森県弘前市三和青森県弘前市賀田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩木の関連情報