面皮を欠く(読み)メンピヲカク

大辞林 第三版の解説

めんぴをかく【面皮を欠く】

面目を失う。面皮を失う。 座にも堪ふべからざるばかりの-・かされたり/金色夜叉 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めんぴ【面皮】 を=欠(か)く[=失(うしな)う]

面目を失う。世間の人にあわせる顔をなくす。
※歌舞伎・浮世柄比翼稲妻(鞘当)(1823)中幕「腸までが傾城に、成り下ったか、コレ、葛城。名古屋山三は面皮(メンピ)を缺(カ)いた」
※人情本・恩愛二葉草(1834)二「親に迄も面皮(メンピ)を缺(カ)かせ、吾が気に入った女房の、死んだに頓着せず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android