コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面皮 めんかわ

3件 の用語解説(面皮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

面皮
めんかわ

柱の四隅の面にだけ樹皮を残す手法,またはその柱。一般に日本建築では丸柱や角柱が使われるが,近世になると茶室や数寄屋風建築などに自然のままの材料が好まれ,意匠上の趣向から面皮柱が多く用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

めんぴ【面皮】

顔の皮。つらの皮。
面目。体面。 「我々の-を蹂躙ふみつけた無礼/社会百面相 魯庵

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

面皮の関連情報