鞆田荘(読み)ともたのしょう

世界大百科事典 第2版の解説

ともたのしょう【鞆田荘】

伊賀北部の山間,鞆田川流域に所在した荘園。元来湯船荘内の荒野が開発されてできた村とみられるが,11世紀中葉住人らの東大寺領玉滝杣寄人化にともない,同杣の内に組み込まれた。11世紀後半には伊勢平氏の勢力が浸透,1097年(承徳1)平正盛寄進にもとづき,村内の畠・家地15町余が六条院領として立券され,これ以降,周辺住人の組織化を進め荘域の拡大をはかった平氏と,寺領だと主張する東大寺との間で相論が続く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android