コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞆田荘 ともたのしょう

世界大百科事典 第2版の解説

ともたのしょう【鞆田荘】

伊賀北部の山間,鞆田川流域に所在した荘園。元来湯船荘内の荒野が開発されてできた村とみられるが,11世紀中葉住人らの東大寺領玉滝杣寄人化にともない,同杣の内に組み込まれた。11世紀後半には伊勢平氏の勢力が浸透,1097年(承徳1)平正盛寄進にもとづき,村内の畠・家地15町余が六条院領として立券され,これ以降,周辺住人の組織化を進め荘域の拡大をはかった平氏と,寺領だと主張する東大寺との間で相論が続く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鞆田荘の関連キーワード阿山[町]平家貞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android