コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢平氏 いせへいし

6件 の用語解説(伊勢平氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊勢平氏
いせへいし

桓武平氏の主流で,伊勢を本拠としたところからその名がある。桓武天皇の子孫で,平国香および平貞盛のときまでは東国を基盤としていたが,平将門の乱(→承平・天慶の乱),平忠常の乱で地盤を失い,貞盛の子維衡のときから伊勢を本拠地として伊勢平氏と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いせ‐へいし【伊勢平氏】

桓武平氏の諸流のうち平維衡(たいらのこれひら)の子孫をいう。伊勢伊賀地方を根拠地とした。5代忠盛以後、中央政界に進出し、その子の清盛が武家としてはじめて政権を樹立した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊勢平氏【いせへいし】

平氏(へいし)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いせへいし【伊勢平氏】

桓武平氏平貞盛の子維衡(これひら)を祖とする武士団。10世紀後半以降,伊勢に勢力を占めた平氏には,維衡流と平良兼の孫致頼の一流があった。両流の998年(長徳4)および1030年(長元3)の両度の合戦の結果,維衡流が伊勢平氏としての地位を確立した。伊勢平氏は伊勢国多度神宮寺を氏寺とし,嫡流は正輔―正度―正衡―正盛(清盛の祖父)へと継承されるとともに,多くの庶家を分出し伊賀・尾張にまで勢力を拡大した。彼らは朝廷の諸衛官人・検非違使に任ぜられるとともに,有力貴族の私的武力としての家人になり京都で活躍し,また受領の郎等として地方にも勢力を扶植,さらには院の北面・近臣の地位を獲得することになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いせへいし【伊勢平氏】

桓武かんむ平氏の一系統。平貞盛の子、維衡これひらの頃から伊勢国を中心に西国に勢力を扶植した一族。正盛・忠盛に至って中央政界に進出し、清盛が武家出身者としてはじめて政権を掌握した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊勢平氏
いせへいし

桓武(かんむ)平氏の主流。貞盛(さだもり)の子維衡(これひら)を祖とする。源氏の進出により、東国から伊勢・伊賀(三重県)に根拠を移した。維衡の曽孫(そうそん)が正盛(まさもり)で、忠盛(ただもり)、清盛(きよもり)と続き、一門は繁栄した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊勢平氏の言及

【伊賀国】より

…都に近接していたため奈良期より大寺院の杣や荘園が設けられ,平安中期には国内に膨大な所領を有する藤原実遠のような大規模な私営田領主(私領主)も出現したが,その没落後は平安末期にかけて,東大寺,興福寺,春日社,伊勢神宮,摂関家などの所領が数多く立てられた。【勝山 清次】
【中世】
 伊賀国4ヵ郡のうち,とくに北伊賀の阿拝,山田両郡は11世紀末以降,平正盛,忠盛父子のころから伊勢平氏の基盤となり,平家の一族・郎等が勢力を築いていた。しかし,治承・寿永の内乱は伊賀国の政治状況を一変させる。…

【伊勢国】より

…この新興勢力を基盤とし,ある意味では彼らに利用されて権力を伸ばしたのが武士層にほかならない。伊勢で最も力を伸張した武士は,俗に伊勢平氏と呼ばれる桓武平氏の一流であった。 伊勢平氏の祖は桓武天皇6代の孫維衡(これひら)といわれる。…

【桓武平氏】より

…(1)国香の子孫は貞盛流と繁盛流の二つに分かれる。貞盛流からは伊豆国の北条氏や伊勢国の伊勢平氏が成立し,繁盛流からは出羽国の城氏や常陸国の豊田氏が出た。(2)良文の子孫は武蔵,相模,上総,下総の国々に繁衍し,12世紀後半から活躍する東国の在地武士の主要なもの,すなわち中村,土肥,村岡,秩父,江戸,畠山,小山田,渋谷,葛西,豊島,稲毛,河越,土屋,野与,村山,上総,千葉などの諸氏が出た。…

【三日平氏の乱】より

…1204年(元久1)の春に起こった伊勢平氏最後の反乱。乱の鎮圧に当たった平賀朝雅の報告書に,〈およそ狼両国(伊賀,伊勢)を靡(なび)かすといえども,蜂起三日を軼(す)ぎず〉とあるように,4月10日より12日までの戦いで雌雄が決せられたのでこの名称がある。…

※「伊勢平氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊勢平氏の関連キーワード桓武平氏平氏平維茂北条氏平維衡八平氏平維将高見王藤原伊久

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊勢平氏の関連情報