コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞘当て サヤアテ

デジタル大辞泉の解説

さや‐あて【×鞘当て】

武士が道で行き違うときに、互いに刀の鞘に触れたのをとがめ、争うこと。さやとがめ。転じて、ささいなことからおこるけんか・争い。
一人の女性をめぐり二人の男性が争うこと。「恋の鞘当て
歌舞伎趣向の一つで、二人の武士が鞘を当てたことから争いになるというもの。元禄10年(1697)江戸中村座上演の「参会名護屋(さんかいなごや)」が最初で、現在の形は文政6年(1823)江戸市村座上演の「浮世柄比翼稲妻(うきよづかひよくのいなずま)」の吉原仲の町の場による。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さやあて【鞘当て】

武士が道ですれ違ったとき、刀の鞘が当たったのをとがめ立てすること。さやとがめ。転じて、ちょっとしたことから生じたけんか。
から〕 一人の女性を、二人の男性が争うこと。 「恋の-」
歌舞伎の趣向の一。多く遊里を舞台に、一人の女を争っている二人の武士が刀の鞘を当てたことから争いになるもの。名古屋山三郎と不破伴左衛門のものが有名で「参会名護屋さんかいなごや」以来、歌舞伎十八番「不破」の中心的趣向となっている。現在の形は四世鶴屋南北の「浮世柄比翼稲妻うきよづかひよくのいなずま」による。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鞘当ての関連キーワードハロー!お嬢さん浮世柄比翼稲妻不破伴左衛門恋の鞘当て久下恵美政治小説鐺咎め鞘咎め

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鞘当ての関連情報