鞠挟(読み)まりばさみ

精選版 日本国語大辞典の解説

まり‐ばさみ【鞠挟】

〘名〙
① 籐(とう)でできた弓状のもので、まりをさしこむもの。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 紋所の名。一つの円を中心にして、同じ大きさの円でまわりをとり囲み、円でない部分だけを白抜きにした図柄のもの。鞠挟み、三つ鞠挟みなどがある。
※俳諧・大坂檀林桜千句(1678)第八「山はこふかき曲物のうち〈本秋〉 惜まるる花に夕日の鞠はさみ〈西鶴〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android