音声情報処理(読み)おんせいじょうほうしょり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音声情報処理
おんせいじょうほうしょり

ヒトの音声を信号データとして扱い,コンピュータを用いて分析,変換,合成などの情報処理を行なう技術。音声の周波数分析音声認識音声合成,音声情報の圧縮,音声情報信号の効率的伝送・記録などが具体的な内容である。音声情報処理の研究は,1939年アメリカ合衆国のベル研究所が音声信号符号化・復号化装置であるボコーダを開発したことに始まり,1970年代にアナログ信号である音声をサンプリングしデジタル化できるようになったことで大きく進展した。音声合成や音声圧縮などは,デジタル信号処理のハードウェア,ソフトウェア技術の進歩に伴い十分に実用化されているが,音声認識については,ヒト音声の多様性や環境雑音などの問題があり,実用化にはいたっていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おんせいじょうほうしょり【音声情報処理 speech processing】

われわれが日常話している言葉は,文字で表現されるか,音波(厳密には空気の疎密の振動波)として伝達される。後者を音声と呼ぶ。音声には,伝えたい意味内容(言語情報)の他にも,誰の声かの情報(話者情報),楽しいとか悲しいとかの話者の心理的状況(情緒情報)なども含まれている。これらの情報を遠くへ正しく安価に伝達したり,正しく認識・理解したり,合成したりすることを音声情報処理という。音声情報処理は,まず,音声の物理的性質を特徴づけている特徴パラメーターを抽出するために,音声分析を行う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android