コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音声合成 おんせいごうせい

6件 の用語解説(音声合成の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

音声合成

機械やコンピューターなどを利用して音声を人工的に生成すること。音声を合成するには、録音編集方式、分析合成方式テキスト合成方式などがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おんせい‐ごうせい〔‐ガフセイ〕【音声合成】

人工的に人間の音声を生成すること。録音された人の音声の断片を組み合わせる方法と、人の音声のスペクトルを模した波形を人工的に作る方法がある。機器類の操作ガイダンス交通機関アナウンスパソコンなどによるテキストの読み上げなど、幅広い分野で利用される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

音声合成【おんせいごうせい】

機械装置(音声合成器)を用いて文章を音声に変換すること。会話音は複雑な情報(アクセント,口調,男女年齢差,なまりなど)を含むが,微妙な差を一応捨象するとしても,文字を対象とする文法には含まれない各言語特有の音韻の配列規則を明らかにすることが基本的な前提となる。
→関連項目ボコーダー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おんせいごうせい【音声合成 speech synthesis】

音声を人工的に作り出す処理を音声合成といい,これを実行する機械を音声合成器と呼ぶ。音声合成器は,その原理から,人の音声器官(図1)の動作を模擬する方法とそれ以外に大別される。 記録に残る最初の音声合成器は1779年に作られた母音合成器で,ドイツのクラッチェンシュタインC.Kratzensteinによる。子音,母音ともに合成できたのは1791年で,ハンガリーのケンペレンW.von Kempelenによる(図2)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おんせいごうせい【音声合成】

コンピューターを用いて人間の音声・言葉を機械的に合成すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音声合成
おんせいごうせい
speech synthesis

コンピュータなどのシステム内にある文字情報から,それに対応する音声信号電子工学的な手段によって合成してスピーカから出し,人に聞かせるための技術。使用する装置を音声合成装置 speech synthesizerという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の音声合成の言及

【音声情報処理】より

…スペクトル分析は,通常フーリエ変換か線形予測分析により行われ,ピッチ抽出は自己相関分析により行われることが多い。
[音声合成]
 調音器官を円筒形の縦続接続で近似し,電気回路のシミュレーションで音声を生成したり,スペクトル包絡を特徴づける少数の強い周波数成分(低い方から第1フォルマント,第2フォルマント……という)から音声を生成する方法(声道アナログ方式,ターミナルアナログ方式)が研究されてきたが,このような近似的な生成法では,鼻にかかったような機械的な音になってしまう。そこで,最近では多数の典型的な音声波形(数千~数万種類)を蓄積しておき,これらを適当につなぎ合わせて音声を合成する手法が中心となっている(素片編集方式)。…

※「音声合成」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

音声合成の関連キーワード音声認識音声情報処理肉声二重音声放送自動音声翻訳自動音声音声入出力装置音声合成器パーコール形音声合成器フォルマント形音声合成器

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

音声合成の関連情報