コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須田菁華(初代) すだ せいか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須田菁華(初代) すだ-せいか

1862-1927 明治-大正時代の陶工。
文久2年生まれ。石川県勧業試験場で陶画をまなび,京都で製陶を研究。明治16年から九谷陶器会社で上絵付けに従事し,23年同社解散を機に自家窯をひらく。古九谷などの模古作にすぐれた。江沼郡九谷陶器同業組合長。昭和2年4月10日死去。66歳。加賀(石川県)出身。初名与三郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

須田菁華(初代)の関連キーワード大正時代陶工

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android