須藤佐次兵衛(読み)すどう さじべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須藤佐次兵衛 すどう-さじべえ

1701-1770 江戸時代中期の一揆(いっき)指導者。
元禄(げんろく)14年生まれ。越後(えちご)新潟の商人明和5年,長岡藩が新潟町の商人に課した重い御用金に反対する町民とともに一揆をおこし,役宅などを打ちこわす(新潟湊騒動)。頭取として涌井(わくい)藤四郎とともにその責任をとわれ,明和7年8月25日処刑された。70歳。名は規方(のりかた)。屋号は岩船屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android