コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長岡藩 ながおかはん

5件 の用語解説(長岡藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長岡藩
ながおかはん

蔵王 (ざおう) 藩ともいう。江戸時代越後国 (新潟県) 長岡地方を領有した藩。慶長3 (1598) 年堀親良が3万石で封じられ,蔵王堂城を居城としたのに始る。その後一時高田藩領となったが,元和2 (1616) 年に堀直寄が8万石で入封,長岡城を築城した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

長岡藩【ながおかはん】

越後国長岡(現新潟県長岡市)に藩庁を置いた譜代中小藩。1618年牧野忠成(ただなり)が6万4000石(6万2000石とも)で入部し,創設された。以後一貫して藩主は牧野氏で,領地は越後国古志(こし)・三島(さんとう)・蒲原(かんばら)の3郡にあった。
→関連項目新潟奉行

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

ながおかはん【長岡藩】

江戸時代越後(えちご)国古志(こし)郡長岡(現、新潟県長岡市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は崇徳館(そうとくかん)。1618年(元和(げんな)4)、新しく長岡城をつくり始めていた蔵王堂(ざおうどう)城主堀直竒(なおより)が移封(いほう)されたあと、徳川家康(とくがわいえやす)の重臣だった牧野康成(やすなり)の子、忠成(ただなり)が6万2000石で入封、以後明治維新まで牧野氏13代が続いた。牧野氏は外様(とざま)大名の多い越後を抑える役を期待され、初代忠成のときに7万4000石まで加増、藩体制は3代忠辰(ただとき)のときに確立した。9代忠精(ただきよ)など江戸後期の3人の藩主は、いずれも老中を勤めている。幕末の戊辰(ぼしん)戦争では、藩政改革を進めていた家臣河井継之助(つぐのすけ)の主導で奥羽越(おううえつ)列藩同盟に参加したが、新政府軍に敗れた。1871年(明治4)の廃藩置県により、柏崎(かしわざき)県を経て、1873年(明治6)新潟県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ながおかはん【長岡藩】

越後国(新潟県)古志郡長岡に藩庁を置いた譜代小藩。1618年(元和4)4月,すでに長岡城下の町づくりを始めていた蔵王(堂)城主堀直竒(なおより)が越後村上に移封された後をうけて入部した牧野忠成により創始され,明治の廃藩まで牧野氏の支配が続いた。藩祖忠成は徳川家康の重臣であった康成の子で,1616年7月に上州大胡(おおご)から越後長嶺(中頸城郡吉川町)城主に封ぜられたが,長嶺には入城しないまま直接長岡に入り,6万2000石を領した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長岡藩
ながおかはん

越後(えちご)国長岡(新潟県長岡市)に城を置き周辺を領有した譜代(ふだい)藩。江戸後期、3人の藩主が老中に任じられた。領主牧野(まきの)氏の祖貞成(さだなり)は1529年(享禄2)三河牛久保の城主となり、今川義元(よしもと)に属したが、長子成貞(なりさだ)のとき徳川家康に臣従した。1590年(天正18)家康の関東入部に伴い、成貞の子康成(やすなり)(徳川十七将の一)が上州大胡(おおご)(群馬県前橋市大胡町)2万石に封じられた。大坂夏の陣の翌1616年(元和2)康成の長子忠成(ただなり)は越後頸城(くびき)郡長峰(ながみね)(現、上越(じょうえつ)市吉川(よしかわ)区)5万石に移封、居城の構営中、1618年に再転して長岡6万4000石に封じられた。所領は古志(こし)、三島(さんとう)、蒲原(かんばら)郡にわたった。1619年の福島正則(まさのり)の改易に際し、その妻が徳川家康の養女・忠成の実妹であったので、1620年、妻子の扶助料として栃尾(とちお)郷1万石を加増され、やがて開発地を含めて7万4000石余となった。
 初代忠成の創業46年を経て、3代忠辰(ただとき)の治世48年間に藩制が整備された。9代忠精(ただきよ)は7歳で襲封し、のち幕閣に列し寺社奉行(ぶぎょう)、京都所司代(しょしだい)などを経て、化政(かせい)期(1804~30)を中心に二度老中の座に着き、学芸もよくした。忠精の四子忠雅(ただまさ)が10代を継ぎ、ペリー来航(1853)の際は老中次席として条約に署名した。彼の代に藩の宝庫新潟町が上知(あげち)された。11代忠恭(ただゆき)は1863年(文久3)老中として外交を担当したが、公用人河井継之助(つぎのすけ)の勧めで辞任した。後を継いだ忠訓(ただくに)は戊辰(ぼしん)戦争の際公武合体を念じ、局外中立を守ろうとしたが果たせず、長岡城は陥落した。城地没収後2万4000石で再興されたが、1871年(明治4)廃藩。柏崎(かしわざき)県を経て、同年11月新潟県に編入。[剣持利夫]
『長岡市役所編『長岡市史』(1931・北越新報社) ▽今泉省三著『長岡の歴史』(1968・野島出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の長岡藩の言及

【新潟[県]】より


[沿革]
 県域はかつての越後・佐渡両国全域にあたる。江戸時代末期,越後には高田藩,新発田(しばた)藩,長岡藩をはじめ,三根山,村上,村松,椎谷,与板,糸魚川(いといがわ),黒川,三日市の11藩が置かれていたほか,新潟をはじめとする天領,預地,旗本領飛地が入り組んでおり,金山のあった佐渡は天領であった。1868年(明治1)越後の旧天領を管轄するため新潟裁判所が置かれ,まもなく越後府,新潟府と改称して北部を,新設された柏崎県が南部を管轄した。…

【牧野氏】より

…氏勝家は牛窪(うしくぼ)に築城し,3代成定(なりさだ)は今川義元に属していたが,1566年(永禄9)より徳川家康に属し,4代康成は90年(天正18)家康の関東入国のときには上野国勢多郡大胡(おおご)2万石を与えられた。5代忠成は1620年(元和6)越後国頸城(くびき)郡長嶺城主(のち長岡に移る)で7万4000石余を領した(長岡藩)。忠成は,34年(寛永11)次男武成(のち康成)に1万石,四男定成に6000石を分知する。…

※「長岡藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長岡藩の関連キーワード越後越後帷子越後布越後流越後兎越後富士越後節越後茶屋明石越後掾長瀬越後

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長岡藩の関連情報