頡頏(読み)ケッコウ

デジタル大辞泉の解説

けっ‐こう〔‐カウ〕【××頏】

[名](スル)
鳥が飛び上がったり、舞い下りたりすること。
勢力が同じくらいで優劣が決まらないこと。拮抗(きっこう)。
「其実力に至りては之に―すべき程の大名極めて多し」〈田口日本開化小史

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けっこう【頡頏】

( 名 ) スル
鳥が舞い上がり舞い下りること。
互いに優劣がないこと。拮抗きつこう。 「其速力の如きはモンゴリヤ号と-す/八十日間世界一周 忠之助

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android