筆硯(読み)ヒッケン

デジタル大辞泉「筆硯」の解説

ひっ‐けん【筆×硯/筆研】

ふでとすずり。転じて、文章を書くこと。「―に親しむ」
主に手紙文で、文筆を職業とする人の生活についていう語。「―益々御清栄の段」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「筆硯」の解説

【筆硯】ひつけん

。文筆。書法。〔顔氏家訓雑芸〕王襃は地冑(高門)、才學優なるも、~ほ書の工みなるを以て、碣(ひかつ)の崎嶇(きく)(奔走)し、筆硯の役(仕事)に辛す。

字通「筆」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android