コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭甲(読み)ズコウ

大辞林 第三版の解説

ずこう【頭甲】

頭蓋骨とうがいこつ。脳天。
かさの裏に、かぶりよいようにつける輪の形をしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の頭甲の言及

【甲】より

… 古生代中期の唯一の脊椎動物だったあごをもたない原始魚類,無顎類の多くは頭部ないし体の前半部が堅固な甲に覆われ,そのためこれらは甲皮類,甲冑(かつちゆう)魚,カブトウオなどの別名で総称される。頭部の甲を頭甲,胸部の甲を胸甲という。これらの甲の本体は骨だったが,現在の脊椎動物の骨とは少し異なって骨細胞を含まないものだったため,区別してアスピディンaspidinとも呼ばれる。…

※「頭甲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頭甲の関連情報