頸肋(読み)けいろく(英語表記)cervical rib

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「頸肋」の解説

頸肋
けいろく
cervical rib

主として第7頸横突起が異常に発育して,肋骨のように頸部側面に伸びてきたものをいう。第1肋骨に接したり,さらに胸骨にまで伸びているものもある。無症状のことが多いが,上肢後方に伸ばしたりしたとき,上や前方にある神経血管を圧迫し,上肢やなどの痛み,しびれ,麻痺手指の冷感を訴え,さらに壊疽を起す胸郭出口症候群の原因になることもある (5~10%) 。症状が強い場合は外科的に切除する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android