コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智蔵 ちぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智蔵 ちぞう

?-? 飛鳥(あすか)時代の僧。
福亮(ふくりょう)の子。斉明(さいめい)天皇の時代(655-661)に父とともに呉(中国)から来日。元興(がんごう)寺の恵灌(えかん)に三論をまなぶ。のち唐(とう)(中国)にわたり,三論宗の大成者吉蔵に師事。帰国後法隆寺でその教えをひろめた。天武天皇2年(673)僧正俗姓は熊凝(くまごり)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

智蔵の関連キーワード僧旻(そうみん、中国の僧)智光曼荼羅成実宗粟田氏あすか涅槃宗馬祖智光福亮頼光法雲道慈

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

智蔵の関連情報