コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼兼 らいけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼兼 らいけん

1186-1261 鎌倉時代の僧。
文治(ぶんじ)2年生まれ。天台宗公胤(こういん)について出家,定兼(じょうけん)らにまなび,覚朝から灌頂(かんじょう)をうける。康元元年(1256)近江(おうみ)(滋賀県)園城寺(おんじょうじ)別当となった。弘長(こうちょう)元年7月18日死去。76歳。号は法性房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

頼兼の関連キーワード京都市職員の不祥事伊達競阿国戯場伽羅先代萩多治見国長高尾船字文高津長幸土岐頼貞敷山城跡土岐頼兼正中の変三隅兼連大内守護鎌倉時代土岐氏先代萩長山城源頼茂慈賢文治

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android