公胤(読み)こういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

公胤 こういん

1145-1216 平安後期-鎌倉時代の僧。
久安元年生まれ。天台宗。園城(おんじょう)寺でまなぶ。後白河法皇,将軍源実朝(さねとも)の帰依(きえ)をうけ,元久2年と承元(じょうげん)3年同寺長吏となる。法然(ほうねん)の専修(せんじゅ)念仏に反対し「浄土決疑鈔」をあらわしたが,法然にあって自分の非をさとり,以後念仏にはげんだ。建保(けんぽ)4年閏(うるう)6月24日(一説に20日)死去。72歳。通称は明王院僧正。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

公胤

没年:建保4.閏6.20(1216.8.5)
生年:久安1(1145)
平安・鎌倉前期の天台宗の僧。明王院と称す。僧行顕(一説に源憲俊)の子。園城寺賢覚に師事,公顕に灌頂を受ける。元久2(1205)年と承元3(1209)年に園城寺 長吏に補され,承元1年に僧正となる。朝野の重要仏事に奉仕し,特に後白河法皇,後鳥羽上皇の信仰を得て,園城寺の興隆をはかった。源実朝,北条政子から鎌倉にも招請された。法然房源空著『選択集』を論破する『浄土決疑抄』を著したが,のち源空に会い,その教えに帰依して自著を破棄した。<参考文献>高瀬承厳「三井寺公胤僧正に就いて」(『仏書研究』43,44号)

(三橋正)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android