コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼支峰 らい しほう

美術人名辞典の解説

頼支峰

幕末・明治儒者。京都生。山陽の次子、三樹三郎の兄。名は復、字は子剛、通称は又次郎。後藤松陰牧百峰に学ぶ。従五位下大学少博士。明治22年(1889)歿、67才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼支峰 らい-しほう

1823-1889 幕末-明治時代の儒者。
文政6年11月6日生まれ。頼山陽の次男。頼三樹三郎の兄。家学をつぎ,後藤松陰,牧百峯にまなぶ。東京遷都に際し天皇に随行。昌平学校教授,大学少博士となった。晩年父の書「日本外史」の標注本をつくった。明治22年7月8日死去。67歳。京都出身。名は復。字(あざな)は士剛。通称は復二郎,又次郎。著作に「神皇紀略」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

頼支峰の関連キーワード本田 種竹本田種竹明治時代水原城頼梨影頼潔

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android