コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼梨影 らい りえ

3件 の用語解説(頼梨影の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

頼梨影

江戸後期の節婦。山陽の妻。山陽を助けてよく家を治め、三男一女を生む。山陽歿後は、遺命を遵奉して、勤勉刻苦遺児の教育に尽くし官より褒賞された。安政2年(1855)歿、59才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼梨影 らい-りえ

1797-1855 江戸時代後期の女性。
寛政9年生まれ。18歳で頼山陽の後妻となり,頼支峰,頼三樹三郎(みきさぶろう)らを生む。山陽の死後,子の教育につくし,京都町奉行から表彰された。安政2年9月17日死去。59歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

頼梨影

没年:安政2(1855)
生年:寛政9(1797)
江戸後期の儒学者頼山陽の妻。彦根の疋田藤右衛門の娘。里恵,梨枝とも書く。12歳のころから京都の蘭医小石元瑞の家で下女奉公中,元瑞と懇意の山陽の目にとまり,元瑞の養女として山陽の妾妻となる。梨影18歳,山陽35歳のころであった。最初は,学者の妻としては教養はなく,また容色もすぐれない女中妻的な存在であったが,男子を出産したこと,働き者向上心があったことから山陽の愛妻となった。ついには,山陽が山水画を描き,梨影は蘭を画く夫婦になったという。山陽の死後,36歳の梨影は,3人の遺児を成人させるために「鬼のやうになり候て」奮闘,その行状は女子の亀鑑とされ,弘化3(1846)年京都町奉行の褒賞を受けた。子供は儒学者頼支峰と勤皇の志士頼三樹三郎。娘は夭死した。墓は山陽と同じ京都東山の長楽寺。<参考文献>坂本辰之助『頼山陽』,寺田貞次『京都名家墳墓録』上,中村真一郎頼山陽とその時代

(栗原弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頼梨影の関連キーワード頼聿庵梅痴頼元緒漢儒日本楽府巌垣松苗川上東山後藤松陰沢井鶴汀堀厳山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone