頼立斎(読み)らい りっさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼立斎 らい-りっさい

1803-1863 江戸時代後期の儒者。
享和3年生まれ。頼養堂の子。安芸(あき)(広島県)の人。京都で細川林谷に篆刻(てんこく)をまなび一家をなす。のち又従兄の頼山陽に詩文をまなんだ。文久3年7月13日死去。61歳。名は綱。字(あざな)は士常。通称は常太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android