コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼賢 らいけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼賢 らいけん

1196-1274* 鎌倉時代の僧。
建久7年生まれ。真言宗。醍醐(だいご)寺の成賢(せいげん)について出家,伝法灌頂(かんじょう)をうけ,のち意教流をはじめた。高野山安養院に隠遁,同山実相院をひらく。晩年は4代将軍九条頼経にまねかれて鎌倉へおもむいた。文永10年12月7日死去。78歳。京都出身。字(あざな)は尊円。通称は蔵人阿闍梨(くろうどあじゃり)。号は意教。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

頼賢の関連キーワードけいせい反魂香松島(宮城県)傾城反魂香山県守雌斎監物頼方鎌倉時代源為義鶏足寺源義賢先生義能犬神憲静実融慈猛

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頼賢の関連情報