コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

題目太鼓 ダイモクダイコ

2件 の用語解説(題目太鼓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だいもく‐だいこ【題目太鼓】

日蓮宗で、題目を唱えながら打つうちわ太鼓
歌舞伎下座音楽の一。1を取り入れたもので、寺院の場などの雰囲気を出す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だいもくだいこ【題目太鼓】

南無妙法蓮華経という題目を唱えながらたたく太鼓。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の題目太鼓の言及

【団扇太鼓】より

…形が団扇と同じなのでこの名がある。日蓮宗で題目をとなえたりするときに用い(題目太鼓という),民俗芸能でも盆踊などに用いられる場合がある。歌舞伎囃子にも用いられ,盆踊や《伊勢音頭》など総踊の場面に多く用いられる〈音頭打ち〉は,篠笛(しのぶえ),チャッパ(銅鈸(どうばつ))とともに奏する。…

【太鼓】より

…こうした〈触れ太鼓〉は,相撲などでも用いられる。そのほか,雅楽の〈楽太鼓〉を,〈平丸太鼓〉〈平釣(ひらづり)太鼓〉とも称して用い,民俗芸能の楽器であった,枠なし長胴締太鼓の〈桶胴〉や,枠付き長胴締太鼓の〈大拍子(だいびようし)〉,さらに,鋲打ち短胴で柄の付いた〈柄太鼓(えだいこ)〉,前述の〈団扇太鼓〉などの柄付太鼓(この両者とも,日蓮宗で題目を唱えるときに用いられるが,歌舞伎でとくに〈題目太鼓〉と称するときは,〈柄太鼓〉の方をいうことが多い)なども用いるほか,さまざまな組合せや,改良・転用の結果,独自の太鼓類が数多く開発されてきた。また,寄席(よせ)の囃子は,歌舞伎の囃子を利用しているが,平丸太鼓の小型の〈豆太鼓〉のように寄席独自に開発したものもさまざまにある。…

※「題目太鼓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

題目太鼓の関連キーワード三大秘法題目踊髭題目歌題目唱題題目宗薺打つ本化本門の題目踊り題目

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone