コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団扇太鼓 うちわだいこ

世界大百科事典 第2版の解説

うちわだいこ【団扇太鼓】

円形の枠に一枚の革を張って柄をつけ,撥(ばち)で叩く楽器。形が団扇と同じなのでこの名がある。日蓮宗で題目をとなえたりするときに用い(題目太鼓という),民俗芸能でも盆踊などに用いられる場合がある。歌舞伎囃子にも用いられ,盆踊や《伊勢音頭》など総踊の場面に多く用いられる〈音頭打ち〉は,篠笛(しのぶえ),チャッパ(銅鈸(どうばつ))とともに奏する。このほか,殺しの場面には,にぎやかななかにも陰惨な効果をもつものとして使用される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うちわだいこ【団扇太鼓】

一枚皮を円く張って柄をつけた、団扇のような形の太鼓。法華宗ほつけしゆうの信者が、題目を唱えながらたたく。題目太鼓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

団扇太鼓
うちわだいこ

丸い枠に皮を張り、柄(え)を持ってたたく太鼓。形が団扇に似ているところから、その名がある。歌川広重(ひろしげ)の版画「池上詣(いけがみもうで)」「会式(えしき)風俗」などにも描かれており、江戸中期から日蓮(にちれん)を追慕する御会式(おえしき)などに、日蓮宗の題目(南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう))を唱える際の仏具として用いられてきた。題目講中や万灯(まんどう)講中にとってなくてはならないものであるが、両面張りのものは江戸末期か明治初期にできたと推定される。[渡邊宝陽]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の団扇太鼓の言及

【太鼓】より

…(2)胴 胴の機能は第1に膜の緊張を保持することにあり,第2には内部に空洞を設けて音を響かせ,特徴ある太鼓の音を形成することにある。最も単純な太鼓は,膜を張る機能のみをもつフレーム・ドラムframe drum(枠太鼓)で,日本の団扇(うちわ)太鼓がこれに相当する。枠(胴)の深さが増して膜の直径と等しくなるまでは,一般にこの名称が用いられている。…

※「団扇太鼓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android