コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰐口 わにぐち

5件 の用語解説(鰐口の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鰐口
わにぐち

仏教や神道で用いる体鳴楽器。金鼓,金口ともいう。丸盆を2つ合せた形状で中空となっていて,下方の継ぎ目が細長く開いている。上方に吊下げるための2つの耳があり,仏堂や社殿の軒に掛け,参詣人は布でよった太綱で打鳴らす

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わに‐ぐち【×鰐口】

神社仏閣の堂前に、布を編んだ太い綱とともにつるしてある円形の大きな鈴。中空で下方に横長の裂け目がある。参詣者が綱を振って打ち鳴らす。
人の横に広い口をあざけっていう語。
「頭の禿げ上がった―の五十男に」〈荷風・つゆのあとさき〉
がまぐち。
「芳太郎も―から金を出して」〈秋声・足迹〉
きわめて危険な場所・場合。虎口(ここう)。
「―の死を遁れしも」〈太平記・二〉
恐ろしい世間の口。
「世の―に乗るばかり」〈浄・天の網島
馬具の鞍橋(くらぼね)の部分名。前輪後輪(しずわ)の内部下縁の刳(く)り形のところ。州浜(すはま)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

わにぐち【鰐口】

寺社で用いる金属製打楽器。金鼓(こんく)(金口)ともいう。鋳銅製が一般的だが,鋳鉄製のものもある。鉦鼓(しようこ)を二つ張り合わせた丸い〈もなかの皮〉のような形で,中央に撞座(つきざ)を設け,上方につり下げるための耳を両方に設け,下の半周分程度が大きく一文字状に開いている(図)。その大きな口から鰐口と称したらしく,本堂や拝殿の長押(なげし)や梁(はり)にかけ,前につり下げた紐(鉦の緒という)で打ち鳴らす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

わにぐち【鰐口】

神社仏閣の正面の軒に、布で編んだ縄とともにつるされた円形で扁平中空の金属製の音具。下方が横に長く裂けている。参詣者が縄でたたいて鳴らす。金口。金鼓こんく
人の、大きな口をあざけっていう語。
がま口。
危険な所。鰐の口。 「急ぎ遁るる-や/浄瑠璃・重井筒
恐ろしい、人の言葉。噂うわさ。 「神にはあらぬ紙様と世の-に乗る斗/浄瑠璃・天の網島
鞍の名所の一。前輪と後輪しずわとの磯の下の馬の背にあたる部分。 → 鞍橋くらぼね

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鰐口
わにぐち

神社や寺院の堂前、軒先に掛ける鳴らし物の一つで、金口(こんく)、金鼓(こんく)、打金(うちがね)などともいう。鉦鼓(しょうこ)を二つあわせた形に似ており、中は空洞で下方に鰐の口のような一文字の裂け目があり、前に垂らした綱で打ち鳴らす。表面には施入者名、年紀、鋳物師(いもじ)名などの銘文を刻する場合が多く、直径10センチメートルぐらいのものから1メートルを超えるものまで、さまざまな大きさのものがあるが、一般的には20~30センチメートルのものが多い。[中尾良信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鰐口の言及

【ゴング】より

…ゴングの名称はマレー語に由来するといわれるが,この種の楽器は東南アジア一帯と中国およびその周辺で広く用いられている。日本の鉦鼓,鉦盤,伏鉦(ふせがね),当り鉦(あたりがね),双盤はすべてゴングの一種で,また金鼓(こんく∥こんぐ)の別名をもつ鰐口(わにぐち)はゴングを最中(もなか)の皮のように二つ合わせた形状を呈している。実際にゴングに分類され得る体鳴楽器の形状は,浅い円盤状,深目の盆状,鉦鼓のごとく外側へ折り曲げられた縁をもつもの,中央に瘤状の突起をもつもの,さらに深く底の広い釜を伏せたような形(頂上に乳頭状の突起をもつ)などさまざまである。…

【祭具】より

…第2の鋪設用祭具は祭場の神座をしつらえ,幣帛を包む薦(こも),食物をすえる麻簀(あさす),案・机の上下に敷物として用いる蓆(むしろ),畳,茵(しとね)などである。第3の装飾用祭具としては榊,注連(しめ),鈴(すず),鰐口(わにぐち)があげられている。榊は栄木(さかき)で常緑樹の総称であったが,後に一種の樹を特定して指すようになった。…

※「鰐口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鰐口の関連キーワードゴッド神威霊幸ふ単一神・霊霧の果て/神谷玄次郎捕物控神田町神明町ハラ(神)ミン(神)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鰐口の関連情報