額田部比羅夫(読み)ぬかたべの ひらぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「額田部比羅夫」の解説

額田部比羅夫 ぬかたべの-ひらぶ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏
推古(すいこ)天皇16年(608)隋(ずい)(中国)の大使裴世清(はい-せいせい)らを海石榴市(つばきいち)(奈良県桜井市)にむかえて挨拶のことばをのべる。18年新羅(しらぎ)(朝鮮)の使者を歓迎する荘馬(かざりうま)の長,19年菟田野(うだのの)(宇陀(うだ)郡榛原(はいばら)町とも菟田野(うたの)町とも)の薬猟(くすりがり)(鹿の若角(つの)とり)の部領(ことり)をつとめた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android