コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菟田野 うたの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菟田野
うたの

奈良県北東部,宇陀市南部の旧町域。宇陀川の支流芳野川上流域にある。 1956年宇太町,宇賀志村が合体して発足。 1959年,1978年に大宇陀町の一部を編入。 2006年大宇陀町,榛原町,室生村と合体して宇陀市となる。中心集落の古市場は市場町として発展。古くから水銀の原料である辰砂を産し,大和水銀鉱山があったが 1974年に廃鉱となった。農林業のほか,毛皮加工業も行なわれる。国宝指定の本殿を有する宇太水分神社がある。また,見田・大沢古墳群は国の史跡に,南部の八ツ房スギは国の天然記念物に指定。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔歴史地名〕菟田野(うたの)


奈良県宇陀市にあった地名
神武東征(じんむとうせい)神話に登場する穿邑(うがちのむら)の地とされる。古代から奈良盆地と熊野灘(くまのなだ)沿岸を結ぶ要衝

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菟田野
うたの

奈良県中東部、宇陀(うだ)郡にあった旧町名(菟田野町(ちょう))。現在は宇陀市の南西部を占める地域。旧菟田野町は、1956年(昭和31)宇太町と宇賀志(うかし)村が合併して成立。2006年(平成18)大宇陀、榛原(はいばら)2町および室生(むろう)村と合併して宇陀市となった。旧町域は、宇陀山地西麓(せいろく)、宇陀川支流の芳野(ほうの)川流域を占め、地名は『日本書紀』などに記される古地名に由来する。国道166号が西部を通る。近畿日本鉄道大阪線榛原駅からバスがある。古墳、廃寺跡が多く、古市場(ふるいちば)を中心に街村形態をとどめる。農山村地域で、野菜の抑制栽培や林業が行われる。皮革加工業も盛んで、毛皮革工場団地「ユ・ファルアン」が造成されている。宇陀郡総鎮護の水の神を祀(まつ)る宇太水分(みくまり)神社の本殿3棟は国宝。大沢地区は室生火山に含まれ、辰砂(しんしゃ)を産出し、古墳の石室、社寺の柱などの朱の材料とされた。昭和初期からは日本有数の大和水銀鉱山が稼動したが、1974年閉山した。特産は皮革、木材、シイタケなど。[菊地一郎]
『『菟田野町史』(1968・菟田野町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

菟田野の関連キーワード見田榛原(奈良県)額田部比羅夫大宇陀[町]宇陀[市]宇陀(市)奈良盆地粟田細目熊野灘神話初午人魂

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菟田野の関連情報