コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菟田野 うたの

3件 の用語解説(菟田野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菟田野
うたの

奈良県北東部,宇陀市南部の旧町域。宇陀川の支流芳野川上流域にある。 1956年宇太町,宇賀志村が合体して発足。 1959年,1978年に大宇陀町の一部を編入。 2006年大宇陀町,榛原町,室生村と合体して宇陀市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔歴史地名〕菟田野(うたの)


奈良県宇陀市にあった地名。
神武東征(じんむとうせい)神話に登場する穿邑(うがちのむら)の地とされる。古代から奈良盆地と熊野灘(くまのなだ)沿岸を結ぶ要衝。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菟田野
うたの

奈良県中東部、宇陀(うだ)郡にあった旧町名(菟田野町(ちょう))。現在は宇陀市の南西部を占める地域。旧菟田野町は、1956年(昭和31)宇太町と宇賀志(うかし)村が合併して成立。2006年(平成18)大宇陀、榛原(はいばら)2町および室生(むろう)村と合併して宇陀市となった。旧町域は、宇陀山地西麓(せいろく)、宇陀川支流の芳野(ほうの)川流域を占め、地名は『日本書紀』などに記される古地名に由来する。国道166号が西部を通る。近畿日本鉄道大阪線榛原駅からバスがある。古墳、廃寺跡が多く、古市場(ふるいちば)を中心に街村形態をとどめる。農山村地域で、野菜の抑制栽培や林業が行われる。皮革加工業も盛んで、毛皮革工場団地「ユ・ファルアン」が造成されている。宇陀郡総鎮護の水の神を祀(まつ)る宇太水分(みくまり)神社の本殿3棟は国宝。大沢地区は室生火山に含まれ、辰砂(しんしゃ)を産出し、古墳の石室、社寺の柱などの朱の材料とされた。昭和初期からは日本有数の大和水銀鉱山が稼動したが、1974年閉山した。特産は皮革、木材、シイタケなど。[菊地一郎]
『『菟田野町史』(1968・菟田野町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菟田野の関連キーワード宇陀川菟田野〈町〉大宇陀〈町〉奈良県宇陀市大宇陀区春日奈良県宇陀市大宇陀区上奈良県宇陀市大宇陀区迫間奈良県宇陀市大宇陀区拾生奈良県宇陀市大宇陀区牧奈良県宇陀市大宇陀区守道室生〈村〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菟田野の関連情報