コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕微受精 けんびじゅせい

大辞林 第三版の解説

けんびじゅせい【顕微受精】

体外受精の方法で、採取した卵子の細胞質内に、顕微鏡とガラス毛細管を用いて精子を注入し受精させるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

顕微受精【けんびじゅせい】

卵子と精子受精するためには,一定以上の精子の数と運動率が必要である。しかし,極端に精子の数が少なかったり,運動率が低すぎる重症の男性不妊では,精子が卵子の透明帯(外側の殻にあたる部分)を通過する能力がないため,通常の体外受精は成功しない。
→関連項目人工授精

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

顕微受精の関連キーワード不妊に悩む方への特定治療支援事業顕微鏡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

顕微受精の関連情報