願力(読み)ガンリキ

  • がんりき グヮン‥
  • がんりき〔グワン〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 誓いの力。願をたてて、その願意を貫こうとする意気込み。
※竹取(9C末‐10C初)「大願力にや、難波より昨日なむ都にまうで来つる」
② 神仏にたてた、その誓いの力。念力。
※太平記(14C後)二四「長者の願力も棄て難しと案じ煩ひ給て」
③ 仏語。仏菩薩などが衆生を済度しようとして立てる誓願の力。特に、阿彌陀仏が菩薩としての修行時代に立てた誓願のもつ力。本願力。宿願力。
※観智院本三宝絵(984)中「いきがたくしていきたる事、是法華経の願力也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

願力の関連情報